チェンマイで一番奇抜なデザイナーズホテル【Mo ルームス】

Mo ルームス Dragon room チェンマイのホテル

オシャレなホテル、可愛いホテルが多いチェンマイ。

そんなチェンマイのホテルの中でも、奇抜なデザインで有名なMo ルームスに宿泊しました。

デザイナーズホテルとなっており、計12部屋あるこのホテルの部屋は、全てが違うデザイナーによって設計されています。

Mo rooms

外観は目立ちませんし、普通の建物とそこまで変わりません。

Morooms チェンマイ

ただし、中に入ればすぐにわかります。「これはちょっと普通のホテルとは違う」。

このホテルの特徴

  • ホテルの造りが特殊
  • 部屋ごとに全く違った雰囲気
  • ターペー門から徒歩1分

建物自体も変な形をしていますが、部屋ごとにデザイナーの個性が詰まっており、どの部屋に泊まっても滞在を楽しめると思います。

今回は、そんなMoルームスの宿泊レビューです。

Mo ルームス ホテル の
料金・口コミをチェック

レビューする部屋
▸部屋タイプ:Dragon Room(ココ デラックス)
▸広さ:24平米
▸眺め:なし
▸朝食:なし
▸価格:5,000円
スポンサーリンク

Mo ルームス ホテル (Mo Rooms Hotel)

12部屋は全て造りが違いますし、窓の有無、バスタブの有無、部屋の大きさなどもバラバラです。

宿泊費にも多少の差がありますが(数百円~2,000円程度)、ここに泊まるなら部屋のデザインを見てから判断しましょう。

各部屋の写真を見て、好みで選ぶといいと思います。

ホテルの概要

  • 宿泊費用:5,000円~10,000円
  • 客室数:12
  • チェックイン時間:14時~
  • チェックアウト時間:~12時
  • アゴダをチェックする
スポンサーリンク

施設紹介

敷地の真ん中に設置されたプールを中心に2棟の建物からなっており、そのうちの1棟が客室ゾーンとなっています。

プールはそこまで大きくありません。

ただ、1階に宿泊すればプライベートプールのような感じで楽しむことができます。

Morooms チェンマイ

棟内には色んな所に階段やちょっとしたテラス席が設けられていて、まるで立体迷路のよう。

Morooms チェンマイ

建物自体も素直な立方体ではなく、いびつな形をしています。

Morooms チェンマイ

普通のホテルのように規則性のある階段ではないため、はじめはリアルに迷ってしまう人もいるかもしれません。

Morooms チェンマイ

変な形の建物ですが、ちゃんとエレベーターはあるのでスーツケースの人でも安心です。

Morooms チェンマイ

また、各部屋の扉もおかしなデザインをしています。

Morooms チェンマイ

12部屋全てが違うデザイナーによって作られていますが、入り口から既にそのデザイナーが設計したものになっているようです。

以下が、12部屋に付けられた名前。

  • Rat Room(ネズミ)
  • Ox Room(牛)
  • Tiger Room(虎)
  • Rabbit Room(ウサギ)
  • Dragon Room(竜)
  • Snake Room(蛇)
  • Horse Room(馬)
  • Goat Room(ヤギ)
  • Monkey Room(猿)
  • Rooster Room(おんどり)
  • Dog Room(犬)
  • Pig Room(豚)

これは干支を示しています(タイの干支でイノシシは豚)。

Morooms チェンマイ

ちなみに、Booking.comではこの名前通りの部屋が表示されますが、Agodaでは独自に別の名前が付けられているので注意しましょう。

スポンサーリンク

宿泊レビュー

私はドラゴンルームに宿泊しました。アゴダではココ デラックスとなっています。

室内は24平米とそこまで広くないですし、ちゃんとした窓がないので、気になる人もいるかもしれません。

ただ、造りはめちゃくちゃかわいいです。

Mo ルームス Dragon room

これがドラゴンルームへの扉。

ドラゴンっぽい装飾が施された真っ赤な扉です。

ちなみに1階なので、正面にはすぐにプールがありました。

寝室の雰囲気

室内はレトロな中国風の造りになっています。

Mo ルームス Dragon room

ベッドではなく布団ですね。

白の塗り壁に、アクセントとなるような赤色のインテリアが際立ちます。

ヘッドライトもいちいちオシャレな感じです。

Mo ルームス Dragon room

枕元には各ライトのスイッチと電源が設置されていて、見た目以上に便利でした。

Mo ルームス Dragon room

布団の向かい側には小型のタンスが2つ設置されています。

こっちもレトロで、ホテルではなく博物館の一角を見せられているようです。

もちろん、ホテルとして快適に滞在できる設備も整っています。

Mo ルームス Dragon roomMo ルームス Dragon room

タンスを開けると冷蔵庫やポット、コーヒー類がありました。

ゴチャゴチャしたものは、全てタンスの中に入っています。

Mo ルームス Dragon room

扉のすぐ横に1人掛けの椅子がありましたが、これはバックパック置きとして使いました。

Mo ルームス Dragon room

なお、天井には天窓みたいなのが付いていて、上階からの光が漏れるようになっています。

明るさを保つためというよりは、デザイン性重視な感じですね。

Mo ルームス Dragon room

一応、真上の床部分をチェックしておきましたが、覗けないようになっているので大丈夫です。

バスルームの雰囲気

Mo ルームス Dragon room

バスルームは布団のすぐ奥に位置します。

Mo ルームス Dragon room

ちなみに、ちゃんと仕切れるようになっています。

Mo rooms Dragon room

バスタブは、既製品などではなく特殊な形をした大きなものでした。

家族4人で入れるくらい大きいのですが、水量が強いとは言えないのでお湯を溜めるのに時間がかかりました。

また、シャワールームが別にないため、シャワーを浴びるだけの場合もバスタブを使うことになります。

Mo rooms Dragon room

バスタブの奥はこんな感じ。

全体的に丸っこくて、なんかかわいいです。

洗面台の上の歯ブラシなどを置くスペースが小さいこと以外は、使い勝手がよかったです。

Mo rooms Dragon room

便器の前にちょっとしたスペースがあり、ここに色々置けますね。

便器の真ん前に服をかけるのに抵抗があって使ってませんが、ハンガーもあります。

Mo rooms Dragon room Mo rooms Dragon room

バスタオルやハンドタオルの他に、歯ブラシや綿棒などのアメニティはそろっています。

ちなみに、シャンプー類はバスタブの壁にくっついているやつがありました。

Mo rooms Dragon room

トイレの壁にはインテリア用の本がたくさんありましたが、オークションハウスが目立ちますね。

スポンサーリンク

夜は2階のバーがおすすめ

夜はホテル併設のバーでビールを飲みました。

これが1階のフロント部分。脇から2階のバースペースに移動することができます。

なぜかおごってもらえたので値段は忘れましたが、大瓶で100バーツもしないくらいだったと思います。

日本びいきの常連客がいて、しょっちゅうここで飲んでいると言っていました。

彼らに出会えれば、チェンマイの最新情報を色々教えてもらえます。

テラスからは、ターペー門に続く正面の道を見下ろすことができます。

もちろん室内席もあるので、雨の日でも問題ありません。

スポンサーリンク

Mo ルームス ホテル への行き方と周辺地図

どうしても奇抜なデザインに目が行きがちですが、地味にこのホテルは一等地にあります。

チェンマイ旅行者が必ず訪れるターペー門は、徒歩でわずか1分の距離。

Moルームズ チェンマイ

ホテルの前から撮影したものですが、奥に小さく見えるレンガの壁がターペー門です。

Moルームズ チェンマイ

中心地の1つなので、セブンイレブンもすぐ横。

  • セブンイレブン‥徒歩1分以内
  • ターペー門‥徒歩1分
  • ワローロット市場‥徒歩10分
  • ロイクロ通りバービア群‥徒歩10分
  • ワットチェディールアン‥徒歩12分

ちょっとした観光スポットからナイトライフ、ショッピングまで、チェンマイらしさを全て味わうことのできる立地です。

チェンマイの旧市街周辺をじっくりと観光しつつ、オシャレなホテルでゆっくりと休憩することができますね。

スポンサーリンク

その他の気になった部屋

最後に、Mo Roomsのその他の部屋を簡単に紹介します。

全て紹介していると長くなるので、私が迷った4部屋を写真付きでお見せします。

Rat room(ネズミ)

Rat room(ネズミ)

木製の風呂桶タイプのバスタブが特徴的な部屋です。

バスタブがあるし、この部屋もベッドではなく布団タイプなのでいいなと思いました。

Snake Room(蛇)

Snake Room(蛇)

全体がドット柄で覆われているのが特徴の部屋で、ベッドの形も特殊です。

巨大な窓がいいなと思いました。

Monkey Room(猿)

Monkey Room(猿)

寝室からトイレまでが黒く塗られているバスタブ付きの部屋。

ベッドが鳥かごのようになっているのも特徴的で、本当ならこの部屋が良かったのですが空いてませんでした。

Horse Room(馬)

Horse Room(馬)

壁から天井に延びる樹木のデザインがおしゃれだなと思いましたが、この部屋も空いてませんでした。

 

12部屋あるホテルですが、全ての部屋が一点物です。

ハイシーズンに利用する場合、希望の部屋があるなら早めに予約しておくようにしましょう。

以下の予約サイトからは、その他の部屋のデザインなども全て見ることができます。

Mo ルームス ホテル の
料金・口コミをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました