中華街で最も勢いのあるカフェの1つ、Lhong Tou Cafe(ロン トウ カフェ)。

タイ人だけではなく、中国人などを中心とした外国人にも非常に人気で、ただでさえ人が多いヤワラート通りが、このカフェのせいでさらにゴミゴミとしています。

このカフェは、コーヒーではなくフォトジェニックなお粥が有名で、恐らくお客さんの大半がおかゆを食べに行きます。

Lhong Tou Cafeの雰囲気

場所はヤワラート通りの中心。最寄りのフアランポーン駅からは歩いて10分程度ですね。

駅の方からヤワラート通りを歩いていくと、左側にこんな感じの店構えで建っています。

2018年にオープンしたばかりですが、すぐに知名度が上がり、店内は常にお客さんがあふれている印象。

私はソフトオープン時に2回行きましたが、1回目はテレビの取材が入っており、写真はほとんど撮れませんでした。

なので、この記事の写真の大半は2回目行った時のものです。

店に入ってすぐの景色。

左側にこの店の最大の特徴である、ハシゴを登って座るブース席、右側には鏡張りの壁。

現在は8時オープンのようですが、この時は9時オープンで、9時少し過ぎに行ったにもかかわらず既に数組のお客さんが。

写真映えする店内は、特に若い女性に人気が高いみたいですね。

特にハシゴを登る上階の席は人気が高く、私は2回行って2回とも登ることができませんでした。。。

ハシゴのあるブース席。

この席の反対側の壁は鏡になっており、ちょっと短めのスカートで行ったら色々な角度から確実に見られるので気を付けましょう。

上の階は1ブース4名くらいが座れるスペースが3ブース、その下に2ブースの計5ブース20人用の席ということになります。

これが鏡越しの画ですね。

存在感あるブースがいい感じで写ります。まぁ私は結局登れずじまいでしたが。。。

メインのブース席の他にも、普通のテーブル席やカウンター席もあり、全部で30人くらいが座れる造りになっています。

でもせっかくいったのであれば、ブース席を確保したいものですね。

Lhong Tou Cafeのメニュー

それではメニューを見ていきましょう。

やはり注目は超有名なお粥ですが、それ以外にも中華街っぽいサイドメニューがたくさんあります。

写真もあるので安心。

お粥は129バーツ、サイドメニューも30バーツくらいから食べられるので、非常にリーズナブルです。

ちょっとしたカフェの何とかブレックファースト的なのを頼むと、すぐに200バーツ300バーツいきますからね。

こちらも、お粥にドリンクを頼むと結局200バーツくらいになりますが、なんか安い感じがします。

ドリンクメニューもそこそこ豊富。

コーヒーからビール、ワインまで一通りはそろっている感じです。

私は2回とも朝行ったので、それぞれ、ミルクティー、レモンティーを飲みました。

個人的にはミルクティーの方がおいしかったです。

これが注文したお粥とサイドメニュー。

せいろの中の8種類のおかずには、野菜だけでなく卵や中華風ソーセージなども入っています。

断食明けに具なしのお粥を食べたことがありますが、ここのお粥は具だくさんで回復食には向いていませんね。

ゆっくりと楽しみながら食べれば、お粥だけでも意外にお腹いっぱいになると思うので、まずはお粥だけ注文してみるのがいいかも。

せっかくならブース席に座りたい

美味しくて写真映えする中華粥は、このロントウカフェの目玉の1つです。

しかし最大の目玉は、やはり他のカフェにはないユニークなブース席になるのではないでしょうか。

2回足を運んだ私は、2回ともブースの下の席に座れましたが、上の席は人気があり、2回とも満席状態。

もちろんタイミングにもよりますが、行列ができるような時間帯に行っては座れない可能性の方が高いです。

確実にブース席を確保したいのであれば、やはり開店と同時くらいに行くのがおすすめ。

開店と同時に行くと、いかにも待っていたと思われそうで嫌だなーとか思っていた私は、開店から15分後くらいに行きましたが、既に上の席は空いていませんでした。

まぁどこに座ってもいいという人の方が多いと思いますが、店内は狭くお客さんも非常に多いです。

そういったことも考えると、やはり朝から行った方がゆっくりとできるのでおすすめ。

ちなみにコンセントとかありますが、じっくり作業には全く適さないので一応言っておきます。

Lhong Tou Cafeまとめ

中華街で朝食をとる予定があるのであれば、ロントウカフェのお粥は非常におすすめです。

また、このエリアのカフェホッピングをする際にも、1店舗目にふさわしいカフェ。

すぐ近くにCHATA Specialty Coffeeをはじめとするおしゃれカフェも多いので、合わせていってみるのもいいでしょう。

使用用途
  • デート
  • 女子会
  • インスタ映え
  • 食事
良いところ
  • お粥がおいしい
  • 店の造りがオシャレ
  • 中華街のいい位置にある
悪いところ
  • 人がめちゃくちゃ多い
  • ゆっくりするのに抵抗がある

Map

カフェ情報詳細

カフェの名前 Lhong Tou Cafe
住所 538 Yaowarat Rd, Khwaeng Samphanthawong, Khet Samphanthawong, Krung Thep Maha Nakhon 10100
電話番号 085 824 6934
休日
営業時間(平日) 8:00 – 22:00
営業時間(週末) 8:00 – 22:00
Wi-Fi あり
コンセント あり
駐車場 あり
座席 30
テラス席 なし
URL lhong-tou.business.site
Facebook @Lhongtou
Instagram @lhong_tou